2017年7月10日月曜日

「言えるか塾」7月 ゾンビ松浦

1月から始まった「言えるか塾」(数字がわからずに経営者と言えるか)6か月を過ぎて、大方毎月10日ぐらいまでに試算表を出せるようになった。ただ、これは経営者の数字勉強の始まりに過ぎない。問題はこれからだ。 ただ、月次の試算表が一ヵ月も後に出ているような企業では、経営者がどんなに数字の勉強をしても、殆ど役に立たない・・・と言うのが私の持論。もっとも「ジャンジャン儲かってしょうがない」と言う会社の場合は、それで充分なのかもしれない・・・。

2017年4月21日金曜日

「言えるか塾」4月 ゾンビ松浦

言えるか塾も4か月目になると、塾生の大半が「毎月5日までに月次試算表を出す。」という目標が出来そうな雰囲気になってきた。
8人中、大丈夫だなぁ・・・と思える人が5人、チョット頑張らねば・・・と言う人が2人、大丈夫かな?・・・と言う人が一人、・・・・まだまだ8か月残っている。
塾を始めた以上、全員が横一線でめでたくご卒業と行きたいところ。
クラウド会計も、使いこなすと便利のようだが、順調にいくまでは、いろいろと手がいるみたい。
ましてや、会計の知識が全くない人には、相当な手助けが必要のようだ。  

2017年4月14日金曜日

【ゴールデンウィイーク休業のお知らせ】

【ゴールデンウィイーク休業のお知らせ】
いつも印刷通販ナウプリをご利用いただきありがとうございます。
印刷通販ナウプリの田中でございます。
ゴールデンウィークの休業日のお知らせをさせていただきます。
休業日:4月29日(土)・4月30日(日)
5月3日(水)~5月7日(日)まで、機械メンテナンスのため休業とさせて頂きます。
今後のサービス向上の為、なにとぞご理解の程宜しくお願い致します。
大変ご迷惑をおかけしますがご理解くださいますよう申し上げます。

2017年3月22日水曜日

税理士の仕事 ゾンビ松浦

1月のブログにも書いたが、「言えるか塾」が3回目を迎えた。受講生8社11名(企業数より人数が多いのは、夫婦で参加している企業が3社)その、受講生2名がこんなことを言った。
今依頼している税理士の先生が「そんな勉強なんかする必要はない、今まで通りに伝票を渡せばいいので、無駄なことはやめなさい。どうせできやしない。」・・と、のたまわったとか。受講生は「どうしたらいいでしょうか」と言ってきた。
「そんなことは知らん!」「自分で決めなさい!」
件の税理士先生は、肩書のまんまの「税務申告書の代書屋さん」だということを自他ともに認めているのだ。
「それで何が悪い・・!!」と言われそうだが、私たちが学んでいるのは、そんなことではない。
その二人、今は小さなイチゴ農家と自動車修理工場の跡取り息子なのだが、彼らの夢は、従業員をたくさん抱えた、立派な会社にすること。しかも、従業員を雇うのは、「地域の活性化のために働き場所を作りたい」と言う高邁な理想に燃えて、今学んでいるのだ。
経営と数字は、切っても切り離せない。
これからは、クラウドの時代。代書屋さん家業は、そろそろ退場の時間ですよ~。

2017年3月10日金曜日

助成金の使い方 ゾンビ松浦

長崎県に波佐見という町がある。知る人ぞ知る磁器の町です。・・・・知らない人は、知らない。
今、その町は「えらい元気」・・小さな山間の町なのだが、移住者が増えているとか。
そんな街の若者達が、博多駅の駅ビルにアンテナショップを出店している。
なんと、助成金なしの自前の出店なのだ。
ある会合で、波佐見を代表する磁器メーカーの会長さんが「こんな人に助成金を出さなきゃだめだよ」と、町長さんに言っていた。
そう、助成金があるから何かやる人と、助成金なんかあてにせずにせずに何かをやった人には、雲泥の差がある。
助成金が無くなったら、いつの間にか消えていた・・・・という事が多すぎやしませんか?
博多に行ったら、ぜひ波佐見のショップを探してください。色んな趣味の人が出店しているから、楽しいハズです。・・・しかも、自力・・・
応援してくださ~い。

2017年2月13日月曜日

人生に結果はない。 ゾンビ松浦

昨日、プライベートライアンという映画を見ました。・・テレビでですが・・・。
もう、この映画4回目です。
ただ、新しい発見をしました。
それは、エンディングのシーンで、年老いた主人公?が、お墓の前で呟きます。
「私は、良い人か?」「私は、良い人生をおくったか?」
このセリフを聞いた時、我が社の経営指針書に「我が社は、結果より、プロセスを大切にします。」というフレーズがあることを思い出しました。
仕事においては、結果を求めます。
しかし、大切なことは、そこに至った「プロセス」が大事だという事を書いています。
プライベートライアンのエンディングのセリフは、それに通じるものがあるように思えました。
その時ひらめいたのが、「人生に結果はない、あるのは、無から生じ、無に帰るまでの間、どのように生きたか」だ・と・・。
自問してみよう「私は、良い人か?」「私は、良い人生をおくっているか?」・・・

2017年2月3日金曜日

1月14日YKカンパニーの経営指針発表会に行ってきました。 ゾンビ松浦

1月14日は、YKカンパニーの経営指針発表会に行ってきました。
YKカンパニーという会社は、従業員さんが30人ほどで、主に水菜の生産をやっている農業法人です。
社長は、まだ若くて「やる気満々」の好青年で、いまだ独身・・・。
とかく農業は、後継者不足と言われていますが、私が知っている限りでは、若手の元気な後継者いっぱい居ます。
因みに、昨年12月には、家族経営のミカン農家の後継者が、初めての経営指針発表会をやりましたし、明日は、この1月に法人成りを果たした「カーネーション農家」の3回目の経営指針発表会があります。
来週火曜日も、農家の経営指針発表会でがあるので楽しみにしています。
私の主謀する「経営指針作成塾」も、今では参加者の内、農業関係者が約8割を占めています。